« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

みょうがの花

みょうがの花
みょうがの花です〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ狩り

キノコ狩り
キノコ狩り
キノコ狩り
キノコ狩り
今日は全員空振り〜一昨日は松茸六本とりました。写真を撮れなかったのが残念です〜次回とれたら撮影しますね〜今日はハッタケとドベタケを数本とりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつばち

みつばち
蜜蜂が天敵のスズメバチと戦っているところです。この戦法は、誰にも教えてもらわず日本蜜蜂にそなわる遺伝的な方法で伝わっている戦法です。西洋蜜蜂にはこの戦い方は知りません。もともとスズメバチのいない外国の蜜蜂の子孫ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつばち

みつばち
蜂蜜をとる時期になりましたが今年は例年になく蜂の群れの消滅と逃去が多く生き残った蜂たちも例年の三分の一ぐらいしか蜜をためてないようです。果樹とか野菜などのできが天候に左右されるのと同じく昆虫の世界にも異常気象は影響を与えることを実感しました。蜂をはじめて十年ですがこんなことははじめてです。来年は平年並みの気候であることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然の帰還祝い

偶然の帰還祝い
偶然の帰還祝い
犬猫先生が帰ってくる日を決めてなかったのでみんな知らなかったのですが、偶然いつものメンバーが寄り集まったので先生のお土産で無事帰還のパーティーになりました。トドやヒグマの缶詰めなどをみんなで食べました〜さあこれから畑仕事を手伝ってもらわなくては〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青鬼赤鬼のラベル

青鬼赤鬼のラベル
近日発売予定の薬味、赤鬼、青鬼のラベルのデザインを引き受けてくださった安芸さんご夫妻です。デザイナーがご主人さんでカメラマンが奥さんです。とてもかわいいラベルをデザインしてくれてありがとうございました〜きっとこれなら売れると思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐり号かたずけしてます。

どんぐり号かたずけしてます。
どんぐり号かたずけしてます。
どんぐり号かたずけしてます。
どんぐり号かたずけしてます。
どんぐり号かたずけしてます。
どんぐり号もなんとか山の家に帰還しました。どんぐりハウスは木下で一休み!少し$ができたら改良したいと思います。蜂の家族たちも留守の間に特別に変わった事もなく、一安心です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大鳴門橋

大鳴門橋
大鳴門橋
大鳴門橋
鳴門到着しました。皆さんのご協力感謝してます。また、近いうちにかたずけが、すんだらコメントをのせたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路島に渡りました。明石大橋

淡路島に渡りました。明石大橋
淡路島に渡りました。明石大橋
淡路島に渡りました。明石大橋
淡路島に渡りました。明石大橋
向こうに見えてるのが、明石、神戸です。これから淡路を走って大鳴門橋へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敦賀舞鶴道入り口

敦賀舞鶴道入り口
敦賀舞鶴道入り口
ここまで来ちゃいました。これから四国へ向かいます。旅も終わりに近づいて、きました。オバマさん元気でやってると思いますが楽しんでください。帰りは、出来るだけ、こちらに寄れるよう計画してください。美味しいお酒が待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ日本海だ。

もうすぐ日本海だ。
もうすぐ日本海だ。
新潟県にはいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところ変われば

ところ変われば
稲わら干し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形出発

長井市、小国町経由荒川胎内の日本海へ一般道をはしります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お蕎麦おごってくれたひと

お蕎麦おごってくれたひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼ご飯

お昼ご飯
お昼ご飯
食べ終わって気が付いたので写真撮りました。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王山の麓

蔵王山の麓
蔵王山の麓
蔵王山の麓
今日は、朝風呂はいりました。さっぱりしました。今日のコースはまだ未定!昼には山形をでる予定。風呂はツルツルしていい湯だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の朝ご飯です

今日の朝ご飯です
佐藤さんのおごりです。ごっつぁんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月山湖です。

月山湖です。
月山湖です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形、月山の夜明け

山形、月山の夜明け
山形、月山の夜明け
山形、月山の夜明け
夕べは、ものすごい雨に悩まされました。夜半から小降りとなり、今は曇りとなっています。気温13度6時25分です。月山山中です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八郎潟

八郎潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八郎潟

八郎潟
八郎潟
八郎潟
大型開拓の村、中学生の時、学んだ時は八郎潟と学んだように思います。昔の大型干拓 の代表だったのでしようね。天気が怪しくなってきました。予報どうり雨になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田、大舘出発

秋田、大舘出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田着

青森港6時20分に出発し、7時45分に大舘の嫁さんの叔母の家に到着しました。13日ぶりの屋根の下で寝ることになりました。本当は、どんぐり号が気に入ってるのですが、誰かさんのコメント、棺桶つんでるみたい!だって!本当に正直なコメントありがとう!誰も思っているのに、よう言わなんだだけ〓今度のどんぐり二号は、少しスタイルも考慮する必要を感じます。〓〓話が変わりますが、色んな人に出会い色んな事学び楽しかったです。まだ後半残っていますがボチボチ行きます。それと若い人が一年半と一年の旅をしている二人別人ですが出会いました。二人ともいい子でしたが、これって旅?悪い意味でわないのですが私なりに考えると、移動型若年性ホームレスと診断しました。ゆっくり話がしたかった。眠い〓おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〓運んで、います。

〓運んで、います。
〓運んで、います。
〓運んで、います。

いよいよ北海道を離れることになりました。44年前に北海道一周旅行をした時に比べ、全く様変わりしていたのにビックリしましたが、当然だろうと思います。私の住んでいる鳴門の町も日々それほど気にしないから其の変化に気付きにくいのだろうな!私と同じ期間鳴門を離れていた人が再訪問したらおなじことを言うでしようね!私も年とったものだ。これからの時間は本当に中身ある時としたい。時間的変化も価値観のぶれが無いようにしたい。煮カエル状態で終わりを迎えたくないもんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついちゃた!函館フェリー

ついちゃた!函館フェリー
ついちゃた!函館フェリー
ついちゃた!函館フェリー
ついちゃた!函館フェリー
今日は、あまり見る所がなかったので青森へフェリーで帰ります。2時出港です。到着は6時です。〓の中でゆっくり休みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

噴火湾

噴火湾
噴火湾
噴火湾
ここで、ちょっと一服。この湾はホタテ貝の養殖で有名です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バス停

バス停
別にバスは待っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長万部

長万部
朝風呂は、やめとくか、眠くなるから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長万部の村

長万部の村
長万部の村
長万部の村
長万部の村
長万部の村
ここは一般道です。北海道で高速道路つかう必要をあまり感じない。なにしろ道は広いし、この空きよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

案内

案内
案内
長万部経由して海岸に沿って函館へ行きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和新山

昭和新山
昭和新山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有珠山と昭和新山

有珠山と昭和新山
有珠山と昭和新山
有珠山と昭和新山の位置的関係、増田くん、元気にしてるかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和新山

昭和新山
昭和新山
昭和新山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お早うございます。

お早うございます。
お早うございます。
お早うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火

花火
花火
花火
花火
花火
ウトウトしてたら、ものすごい爆発音!湖のまわりの山山にこだましてそれが連発だからびっくり〓どうも今日は花火大会みたい。もう、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞爺湖

洞爺湖
雲が出てきて少し暗くなりました。今5時2分、これから入る風呂を探します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ王国

キノコ王国

一杯百円に釣られたが食えた物じゃない。三百円の季節限定のキノコ汁も、くえねー、まずー〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵庭岳

恵庭岳
1320メーターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念撮影

記念撮影
記念撮影
記念撮影
記念撮影
綺麗ですね。天気〓でより綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリボリキノコ

ボリボリキノコ
ボリボリキノコ
支笏湖手前5キロのところでキノコ採りに来ているおばさんに会いました。このキノコは高級キノコでこれだけで5000円ぐらいするそうです。名前が面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリボリキノコ

ボリボリキノコ
ボリボリキノコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何の花

何の花
何の花
みつばち写っていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいかっぷ道の駅

にいかっぷ道の駅
にいかっぷ道の駅
にいかっぷ道の駅
にいかっぷ道の駅
新冠郡産 で何等かの記録を残した歴代の名馬たちです。サラブレッド界は、厳しく足の遅い馬は肉としてソーセージなどに混ぜます。人間界はそこまでいかないが少々似てる部分があるのでわ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観察中

観察中
小さく黒く写っているのが真鴨の群れです。くらぶれば白鳥の大きさがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大白鳥

大白鳥
メーター距離にして20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大白鳥発見

大白鳥発見
大白鳥発見
大白鳥発見
大白鳥発見
たった一羽のはぐれだとおもいます。一時間ぐらい観察してました。やはりなかなか近づいてきません。これらの写真が携帯の限界!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝飯

朝飯
朝飯
朝飯
朝飯食べ周り探索、水辺のあしあと何だろう?多分きつねと思います。ここは静内郡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三石温泉

三石温泉
三石温泉
お早うございます。三石の道の駅です。温泉が併設され、泊まれようです。湯はもうひとつですね。だけど風呂の中から太平洋が見渡せます。それでは西を向いて走ります。日高方面へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬サンセット

襟裳岬サンセット
襟裳岬サンセット
襟裳岬サンセット
襟裳岬サンセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬灯台

襟裳岬灯台
襟裳岬灯台
本当に何もない岬です。これから温泉探します。根室にもありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬

襟裳岬
襟裳岬
襟裳岬
襟裳岬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん

がん
がん
ちかよれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わー

わー
わー
わー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひしくいがん

ひしくいがん
ひしくいがん
ひしくいがん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫

収穫
収穫
収穫
とぅもろこしの収穫です。空の車が一台待機しもう一台がコンバインから荷をうけています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神様

神様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何の花

何の花
何の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふき

ふき
日差し厳しく〓さしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あつい

あつい
あつい
常夏の国 北海道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釧路湿原

釧路湿原
釧路湿原
釧路湿原
釧路湿原
ずいぶん開かれて来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍種  牛馬

珍種  牛馬
珍種  牛馬
本当に変わったがらですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒く写っいる馬は道産子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬
馬
馬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚岸郡です。

厚岸郡です。
あっけらかんのあっけなさ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通安全のため

交通安全のため
交通安全のため
この2日、鹿に頻繁にあいます。間近でみれかわいいですが、美味しそう。〓体格は本土のものにくらべ、はるかに大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釧路湿原

釧路湿原
釧路湿原
釧路湿原
朝もやで雲海みたいですが、向こうは太平洋です。言うほどさむくありません。これから太平洋岸に進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜中町です。

浜中町です。
お早うございます。天気は快晴です。五時半です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

野付半島

野付半島
野付半島
野付半島
私の後ろは、北方領土、国後島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また丹頂鶴二羽

また丹頂鶴二羽
また丹頂鶴二羽
また丹頂鶴二羽
また丹頂鶴二羽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えっ本当に

えっ本当に
非常に貴重なチャンスをのがしました。非常に警戒心の強い丹頂鶴五羽距離にして30メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ!まっすぐ

ただ!まっすぐ
ただ!ただ!まっすぐ標津から根室へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



一本抜いて、噛ってみました。独特の泥臭さは、ありますがかなり甘い。これから標津に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂糖大根畑かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親分がいます。

親分がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿牧場

鹿牧場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿も来てくれました。

鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
鹿も来てくれました。
ついに鹿ともお友達になりました。親子連れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きつね

きつね
きつね
きつね
きつねが朝の挨拶に来てくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白樺林

白樺林
白樺林
これが蝦夷松、クリスマスツリーによく似てる、もみの木とは違うみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羅臼

羅臼
羅臼
大きな山は羅臼岳です。標高1666 メーターです。ここが峠になります。これから下りウトロに向かっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羅臼

羅臼
羅臼
羅臼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だろう、きれい

何だろう、きれい
何だろう、きれい
何だろう、きれい
何だろう、きれい

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今、峠の一合目から朝日を!神秘的

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭の魚道

鮭の魚道
鮭の魚道
鮭の魚道
これから羅臼より山越えで知床半島を横断します。夕べはよくふりましたが、今朝はあめが上がり、気温は12度。あったかいです。夕べは漁船のエンジン音で少し眠れにくく、朝はパーキングのすぐ上から蝦夷鹿コールで目覚めました。ここの鹿も泣き声は美郷の鹿と同じようで私は蝦夷鹿と本土鹿の区別はつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お早うございます。羅臼の朝

お早うございます。羅臼の朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美郷、芋掘り大会

美郷、芋掘り大会
美郷、芋掘り大会
昨年の芋掘り大会は大盛況でしたが、今年は猪に芋を食べられ、もぐらやネズミにかじられた為に不作で芋掘り大会が三人での草取り大会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羅臼沖のイカ釣り漁船

羅臼沖のイカ釣り漁船

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摩周湖

摩周湖
摩周湖
あまり見えなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山から湯気

山から湯気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂

お風呂
お風呂
ここのお風呂入りました。250 円、ここも非常に良かった。湯はたれながし。摩周湖の手前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)





湯が流れる川、川の溜まりに硫黄が結晶して黄色ろくなつています。誰か巨大な〓をぶっぱなしたような匂いが町中充満してる。この町で〓しても音さえ無ければ大丈夫。保証する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈斜路湖、雨です。

屈斜路湖、雨です。
屈斜路湖、雨です。
屈斜路湖、雨です。
湖のほとりに、お湯が湧きだしています。あちらこちらから湯気が立ち登っています。ここで入浴する事は恐らくただでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼ご飯は美幌で

お昼ご飯は美幌で
お昼ご飯は美幌で
鮭の香草パン粉焼き。590 円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の阿寒湖

雨の阿寒湖
全く見えなかった。残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

? ?

? ?
? ?
何の収穫?忙しそうで聞けませんでした。花は菜の花にそっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だろう?

何だろう?
何だろう?
何だろう?
何だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく見るけど?

よく見るけど?
よく見るけど?
ねぎでした。リフトで運ぶためのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走湖

網走湖
網走湖
網走湖
お早うございます。夕べから雨で外に出られませんでした。やっと上がったので、これから出発したい。後ろ山の中に見える網走温泉ホテルでお風呂だけ入りました。料金は五百円ですが非常に良かった。これからどこかに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣殻

牡蠣殻
サロマ湖の牡蠣殻です。あちらこちらの山の中に積んであります。ここの牡蠣は俗に言う土用牡蠣、岩牡蠣だとおもいます。非常に大きく旬は夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロマ湖

サロマ湖
サロマ湖
現在地点、サロマ湖南端、東海岸は本当に見るところがすくない。5時半位に網走に着く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わった名前の道の駅

変わった名前の道の駅
雄武 と書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭祭り

鮭祭り
鮭祭り
道の駅 でお祭りしてました。鮭を泳がせて見せていたので参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お友達

お友達
お友達
お友達
北海道は鮭釣りのシーズンです。定年者が一ヶ月くらいテントで生活しながら釣りしてるそうです。夫婦で来ている人も。なにか海岸ぶちの小さな村みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ご飯

朝ご飯
朝ご飯
朝ご飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛
牛
牛
牛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見たいな。

見たいな。
見たいな。
見たいな。
シャケ釣りの人今年釣れる時期が遅れているそうです。さんまの餌で投げ釣り置き竿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宗谷岬

宗谷岬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ!南下始まり

さあ!南下始まり
さあ!南下始まり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最北端、宗谷岬

最北端、宗谷岬
最北端、宗谷岬
最北端、宗谷岬
最北端の地、45年前の面影かけらもなし。仕方ないよな〓だけどこの地点は永遠にその時の人々達の思い出と、共に残るのでしょう。今朝は日の出が雲のため見る事が出来ません。それにしても風が強い。今日から東海岸南下が始まります。現在6時6分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宗谷岬灯台

宗谷岬灯台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻島をでます。

利尻島をでます。
5時のこのフェリーで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いい水見つけた!

いい水見つけた!
いい水見つけた!
冷たく歯にしみる。美味しい。昼ご飯フェリー前の母ちゃん食堂で食った親子丼まずかつた。鮭のフレークにきざみのりとイクラがのって味噌汁ついて千円でした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲がかかつた利尻岳

雲がかかつた利尻岳
利尻富士町から見ました。この島はあるのは昆布と熊笹だけが目立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


オタドマリ沼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼浦展望台

沼浦展望台
沼浦展望台
沼浦展望台
向こうに見えているのが稚内です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻島から礼文島を見る

利尻島から礼文島を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻島

利尻島
日本で一番高いフェリー代金だそうです。先ほどの人と分かれ利尻島へ向かってます。礼文島でびっくりしたのはフェリー港内であきあじ、つまりシャケが波止場で釣れていました。80センチ くらいまでだそうです。糸五号浮きした1メーター、餌はさんまの切り身でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観光案内

観光案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部屋の中

部屋の中
一応、和室のつもり。日本建築です。美郷の杉を使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと、一服

ちょっと、一服
どんぐり号、思ったより快適、わがなりに感動してます。少し改良点はありますが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムシボシ

ムシボシ
ムシボシ
み荷を下ろして干してます。十一時5分発利尻島行きまで、今9時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリー

フェリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝食

朝食
朝食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆布

昆布
昆布
昆布は、ここでわどこにでも生えている。港の中のテトラにびっしりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり

びっくり
淵野辺から同じような人が来ています。記念写真を撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして??

どうして??
知床と表示してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻島とカモメ

利尻島とカモメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)




午前午前5時三十七分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島から利尻島の夜明け

礼文島から利尻島の夜明け
礼文島から利尻島の夜明け
礼文島から利尻島の夜明け
礼文島から利尻島の夜明け
寒い、だけど綺麗ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂

風呂
これから温泉はいります。今日は風呂出て早寝します。あのパチンコ屋でわね!勝つたら島を出してくれないかも?負けるまでおらされそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻富士

利尻富士
船中からは雲が、かかって見えなかったが今ぼんやり見えてきました。標高1721 メーター。てっぺんは険しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最北端のパチンコ屋

最北端のパチンコ屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アワビコタンゴロタ岬だそうです。

アワビコタンゴロタ岬だそうです。
アワビコタンゴロタ岬だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島最北端

礼文島最北端
礼文島最北端
礼文島最北端
岬の名はスコトン岬です。暑い〓?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利尻島

利尻島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島最南端

礼文島最南端
礼文島最南端

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモメ

カモメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島のテトラは珍しい。

礼文島のテトラは珍しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島

礼文島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華設備

豪華設備
豪華設備
豪華設備
豪華設備
船賃高いの、ようわかる。私のどんぐり号の他に二台。稚内の経済に貢献出来た〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体操中

体操中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリー礼文島行き

フェリー礼文島行き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文島行きましょう。

礼文島行きましょう。
利尻島、礼文島、稚内三角フェリーで三万二千百二十円!昼過ぎにつきます。風が非常に強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白樺

白樺
場枯らし 白樺。 わかるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手塩

手塩
手塩にかけて、製作した、どんぐり号・別名ホームレス号。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幌町

羽幌町
羽幌町
ホロロン鳥が町のシンボル。そんなに町はボロボロでなく綺麗ところです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ!出発します。

さあ!出発します。
さあ!出発します。
、二百キロ、夕べから急に寒くなりました。今日は、風が少し弱まりました。波も少し小さくなったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »